サイネージで建設業界の働き方改革の提案 「ペイント機能」で安全衛星管理

シェア歓迎です。本文はご自由に引用して下さいね!!

クェスタのサイネージを使って建設業界の働き方改革を促進するための活用術をお知らせします!ペイント機能を使えば即座に簡易的に作業内容を確認でき、視覚的にイメージを共有できます。例えば、重機を使った危険な作業の範囲を事前に周知することが可能です。

ペイント機能で情報共有と安全衛生管理

建設現場の労働災害で最も多いのが「転落事故」ですが、建設機械等への接触や自動車接触等の事故も割合としては高い割合で発生しています(厚生労働省のデータに基づく)

クェスタのサイネージを活用して安全衛生を向上させ労働災害や公衆災害を事前に防ぐ方法をご案内いたします。

  • 建設業界の働き方改革を促進するサイネージの活用法
  • ペイント機能クェスタのサイネージは取り込んだ図面を大画面で表示しながら朝礼や会議をする事ができます。ペイント機能を使えば、搬入経路や立ち入り禁止エリアを簡単に更新することが可能です。職長会議で共有して、各作業員に伝える
  • ペイントの保存機能手書きで危険エリアを書きこんだり、建機の配置を図面にペイントしたら、保存をしましょう。時系列で保存できるので、翌日の朝礼ですぐに呼び出して確認することが可能です
  • スタンプ機能図面に手書きで資材の搬入経路を書いたりするペイント機能の他に、スタンプを登録し図面にスタンプをする事が出来ます。現場に応じた車両のイラストを取り込んで、オリジナルの確認用の図面を作る事ができます

バックホウの事故を防ぐ

例えば、バックホウの移動時や作業中の事故を例にとってみましょう。バックホウの作業半径、稼働
エリアに入らないようにする事が事故を回避する最も重要な方法ですが、これを行うにはどうすればよいでしょう?

バックホウの移動時や作業中の事故を防ぐ3つの方法

  • バックホウの作業範囲を事前に共有
  • バックホウの旋回範囲内への立ち入りを禁止する
  • 監視員を配置して作業範囲へ立ち入り時に警告を行う

図面の保存、呼び出し機能を使って朝礼時に再確認

クェスタのサイネージに、配置図をあらかじめアップロードしておけば、作業説明を加筆しながらリアルタイムで説明が可能です。加筆した分は時系列で保存しておけますので、翌日再度アップロードする手間なくベース配置図を呼び出せます

職長を集めて行う会議で、翌日のバックホウの作業範囲や立ち入り禁止エリア、監視員の配置場所を確認しておき、さらに再度、翌日の朝礼の時に全作業員の前で情報を共有して周知することが出来ます。

自分でスタンプを追加する事も可能

管理画面から画像を取り込んでスタンプを追加することも出来ます。特殊な建機が必要な現場でもオリジナルの確認用の図面を作ることが可能です。現場にあったものを素材サイトなどから用意されるといっそうイメージが共有でき効率が上がることでしょう

是非、安全衛生管理にお使いください!!
より使える機能になるよう現場の声をフィードバックにご協力願います!
コチラからカテゴリ「その他」でお声を頂けると幸いです!

The following two tabs change content below.

Questar

見える化アプリ開発、業務用アプリ開発、オフショア開発会社として、2012年クエスタ株式会社設立された。建設業界の現場のニーズに応えるIoTをハードウェア、ソフトウェアの両面の開発。
シェア歓迎です。本文はご自由に引用して下さいね!!