機能紹介-KY活動

積極的に労働災害を防止する取り組み

工事現場で最も防ぎたい「労働災害」を防ぐために、現場で起こった「ヒヤリハット事例」をサイネージに表示せたり、「危険予知活動(KY活動)」のテキストを表示させる事ができます。

朝礼時に現場のリーダーが、「ヒヤリ・ハット事例」を紹介したり、「KY活動」について、各作業場面で起こりうるリスクをスタッフに挙げてもらう事でスタッフの安全意識の向上にご活用下さい。

KY活動 / ヒヤリ・ハット機能のメリット

  • 現場スタッフの安全意識を向上させる事が出来る
  • 「労働災害」を事前に防ぐ可能性を上げる

お使いのパソコンから確認できる「デモ」画面のリクエストフォームはこちら

デモ画面のリクエストはこちら