機能紹介 – 熱中症注意報

熱中症を予防するための注意喚起

湿度が高い状況では熱中症のリスクが上がります。現場で無理な作業をしてしまう前に、暑さ指数から危険性を認識する事が可能です。また適切な予防方法や目安なども確認することが出来ます

WBGTを表示

最近は天気予報のニュースなので表示されるようになってきた、熱中症を予防する指数の「暑さ指数(WBGT)」。この「暑さ指数(WBGT)」がサイネージ上で気温や湿度とともに表示されます。

WBGTが基準値を超えるおそれがある場合には熱中症リスクが高くなります。喉の渇きの有無に関わらず積極的に水分や塩分の摂取をして下さい。高温多湿な環境での連続作業に注意して、適宜休憩を取ることを心掛けて下さい。

熱中症注意報のメリット

  • 暑さ指数(WBGT)から熱中症の危険性をわかりやすく認識する事が可能
  • 現場のスタッフが適切な休憩や水分・塩分を摂るきっかけを作る事が出来る

お使いのパソコンから確認できる「デモ」画面のリクエストフォームはこちら

デモ画面のリクエストはこちら