工事現場向けサイネージを活用して近隣住民の理解を得る3つのポイント

工事現場において重要な仕事の1つが「近隣住民と良好な関係を保つこと」です。これをうまくできるかどうかで、今後の工事全体の進行にも大きく関わってくるでしょう。今回は、仮囲いに設置して使用する工事現場向けデジタルサイネージを活用して近隣住民の理解を得る3つのポイントをご紹介します。

工事概要を見える化

工事によっては事前に近隣住民を集めた説明会を行なっていますが、そこで配布した工事概要や完成予想図、搬入搬出経路などの資料をデジタルサイネージに見える化することができます。デジタルサイネージに常に表示しておくことで、説明会に参加しなかった方や、説明会に参加した方もいつでも情報を確認することができます。また、工事概要を常に見える化することで、近隣住民からの工事現場に対するイメージも向上します。

騒音・振動の値を見える化

工事現場で近隣住民とトラブルになりやすい問題の1つに騒音・振動のトラブルがあります。デジタルサイネージと騒音振動計を連動させれば、1分間隔のデータをデジタルサイネージに見える化することができます。また、騒音の数値が85dbと言われてもそれがどれくらいの騒音なのか、近隣住民の方にはなかなか理解しづらいものですが、騒音・振動の値をイラストと合わせて表示しているので、近隣住民にもわかりやすくなります。近隣住民にわかりやすく見える化することで、騒音・振動への配慮を行なっていることをアピールできます。

CSR活動の取り組みを見える化

工事現場で行なっている様々なCSR活動をデジタルサイネージに見える化します。 現場や現場周辺の清掃活動の様子や、現場見学会の実施風景などを見える化すれば、近隣住民に配慮した活動を行なっていることをアピールすることができ、近隣住民からのイメージアップにも役立ちます。

これら3つのポイント以外にも、デジタルサイネージの活用方法は様々です。 クエスタでは、工事現場の皆様の目的、用途などに応じて最適なサイネージをご提案しております。ぜひご相談ください。

業務改善に取り組む所長様へ

建設現場向けデジタルサイネージ専門のサポートスタッフが
お困り事の解決をサポートいたします

現場ですぐに情報共有できる仕組みを作りたいが、どうしたらいいかわからない

デジタルサイネージを導入したことが無いため、どんなことができるか教えて欲しい。

液晶とLEDのサイネージの違いを知りたい。

今すぐ無料で相談する