ブログ地球に足跡を残せ!クエスタ大石の日々感じていること

きっと今年俺は覚醒する。

2018年02月07日

根拠はないが・・・

今年覚醒する気がする。10年前にスマホが世の中のすべてを飲み込んでいくとセミナーで吠えていた。
そして、今日
他国のスマホ決済最前線をみてそう思った。

スマ放クラウドを展開する資金だな~~これで世界と勝負できるのだが・・

アマゾンのパドリックが来日し、キャッシュレス社会において、日本にはあふれるチャンスがあると豪語していた。
なぜか

それは、遅れているからだ。アメリカの現金率8%、スエーデン1.4% 中国6% 
さて日本20%と出ていたが・・・・実態はもっと高いはず。小口に限ると90%は現金の流通があると思う。

それは、カモだよ!

本当にカモネギか。

さて、俺、スマ放マイクの開発にて覚醒する。

しのぎを削って猿真似をする。この精神こそ大切ではないか?

2018年02月06日

15世紀にヨーロッパの国同士が猿真似をし合い、19世紀に日本が猿真似をし、21世紀に中国、韓国、台湾が日本の真似をした。

結局のところ、猿真似をし、安い労働力を利用し、生産を追い越し、座を奪い、新陳代謝が繰り返される。

猿真似でないビジネスモデルがこの国で作れるのか?世界一の部品ではなく、上位概念!がまったく作れていないんじゃないか?

ほんにこの国の人達はのんきすぎやしないか・・・

この国は本当にすばらしい国、すばらしい国民だと思う。帰国する度にほんにいつも思う。しかし、残念ながら品行方正ゆえの課題がある。

昨日の渋沢栄一大賞の授賞式で・・のこと。
論語とそろばん。渋沢栄一が残した言葉、論語が無い国との通商はどうやるべきか?も教えて欲しかった。

渋沢栄一ビジネス大賞 特別賞を受賞いただいた。

2018年02月05日

海外に行くとほんとに日本のすばらしさを知る。

本当にこの国は豊かで治安もよく、皆が食べるに困らない。好きなスポーツもできて、勉強したいなら頑張ることができて
ゲームもできて、スマホもできる。

なにより、人に親切でおもてなしの心で接し、海外にも様々なODAで経済援助をし、お人よしにもほどがあるという国だと思う。

トイレはきれい、食べ物も安全、電車は定刻に運航され、皆が法律をも守ろうとし、マッフィアもいない。
そして、バランスが崩れ5年も世界に遅れをとるような国になった。部品は立派。ビジネスモデルができない。ヒット商品は
いつもアメリカ。

許せん。と思い自民党系の先生がまともな政治家は、絶対に愛国主義、ナショナリズムだと言っていた。毎年、知覧に行く先生もいた。

私も昨年6回靖国神社に行き、遊就館に行く。

本当の歴史を知っているかいないか?

とにかく、渋沢栄一ビジネス大賞で特別賞を受賞いただいた。

こうして、応援を頂けることに感謝しないと・・・・と思い帰路についた。