しのぎを削って猿真似をする。この精神こそ大切ではないか?

15世紀にヨーロッパの国同士が猿真似をし合い、19世紀に日本が猿真似をし、21世紀に中国、韓国、台湾が日本の真似をした。 結局のところ、猿真似をし、安い労働力を利用し、生産を追い越し、座を奪い、新陳代謝が繰り返される。 猿真似でないビジネスモデルがこの国で作れるのか?世界一の部品ではなく、上位概念!がまったく作れていないんじゃないか? ほんにこの国の人達はのんきすぎやしないか・・・ この国は本当にすばらしい国、すばらしい国民だと思う。帰国する度にほんにいつも思う。しかし、残念ながら品行方正ゆえの課題がある。 昨日の渋沢栄一大賞の授賞式で・・のこと。 論語とそろばん。渋沢栄一が残した言葉、論語が無い国との通商はどうやるべきか?も教えて欲しかった。
The following two tabs change content below.

mamoru.oishi

『チャレンジ精神を失った日本を変えていきたい。』 トップセールスマンとして役員として30年間建設業界の企画や営業に従事。 ものづくり企業として、クエスタ株式会社を設立。 ハードウェア、ソフトウェア両面からの開発の知見を持つ。

最新記事 by mamoru.oishi (全て見る)