IOTとは_02
image2-2

クェスタのIoTとは

既存のモノをインターネットと接続し遠隔で操作・監視といったIoTの基本的な機能はもちろんのこと、現場からの声を聞きニーズに合わせた機能の開発を続けていきます。また想定された動作だけでなく、「こんな機能があったら現場の方は喜ぶだろう」と素直な感覚の大切にし常に新機能追加を行います。また、この先必要とされるであろう事柄をいち早く取り入れIoTでの活用を創造します。

政府による「働き方改革」の取り組みの提唱により、企業では「生産性の向上」「労働時間の削減」を求められるようになっています。

クェスタではこの「働き方改革」による「生産性の向上」に着目した機能の開発も手掛けまる、改善事例となるべく実際の現場の声を大切にし、いわゆる「ハイテク」を振りかざすのではなくより簡単で効率的、使っていてちょっと楽しい機能を目指します。これにより生産性の向上だけでなく、労働時間の削減も並行して改善されることが予想されます。

また、現場だけでなく依頼主様や近隣住民様の目線も持ち、様々なアプローチからの求められる機能や性能を取り入れ、クェスタの機器を使う現場様だけでなく、その周辺においてもより良い関係性を築くことのできる機器を提供します。

クェスタのIoTとは

既存のモノをインターネットと接続し遠隔で操作・監視といったIoTの基本的な機能はもちろんのこと、現場からの声を聞きニーズに合わせた機能の開発を続けていきます。また想定された動作だけでなく、「こんな機能があったら現場の方は喜ぶだろう」と素直な感覚の大切にし常に新機能追加を行います。また、この先必要とされるであろう事柄をいち早く取り入れIoTでの活用を創造します。

政府による「働き方改革」の取り組みの提唱により、企業では「生産性の向上」「労働時間の削減」を求められるようになっています。

クェスタではこの「働き方改革」による「生産性の向上」に着目した機能の開発も手掛けまる、改善事例となるべく実際の現場の声を大切にし、いわゆる「ハイテク」を振りかざすのではなくより簡単で効率的、使っていてちょっと楽しい機能を目指します。これにより生産性の向上だけでなく、労働時間の削減も並行して改善されることが予想されます。

また、現場だけでなく依頼主様や近隣住民様の目線も持ち、様々なアプローチからの求められる機能や性能を取り入れ、クェスタの機器を使う現場様だけでなく、その周辺においてもより良い関係性を築くことのできる機器を提供します。

IOT:Internet of Things
(モノのインターネット)の意味

IoTとはモノをインターネットにつなぐことです。IoTは”Internet of Things”の略でモノのインターネットと訳されています。IoT:Internet of Things(モノのインターネット)とはモノがインターネット経由で通信することを意味します。

IOT:Internet of Things
(モノのインターネット)の意味

IoTとはモノをインターネットにつなぐことです。IoTは”Internet of Things”の略でモノのインターネットと訳されています。IoT:Internet of Things(モノのインターネット)とはモノがインターネット経由で通信することを意味します。

名称未設定-1

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)という言葉ができる以前、インターネットはコンピュータ同士を接続するためのものでした。よって、従来は主にパソコンやサーバー等のIT関連機器が接続されていました。しかし、現在ではスマートフォンやタブレット端末も接続されています。テレビやデジタルカメラ、デジタルレコーダーや最近話題のスマートスピーカー等のデジタル情報家電をインターネットに接続する流れは増加しています。デジタル化された映像、音楽、音声、写真、文字情報や様々なデーターがインターネットを介して伝達されるシーンがますます増えて行くでしょう。

このように世界中に張り巡らされたインターネットはあらゆるモノがコミュニケーションをするための情報伝送路になりつつあります。

そして、今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐことをIoT:Internet of Things(モノのインターネット)と呼んでいます。

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)という手段で何を目的とするかの定義はなく、様々な応用が考えられます。

cityscape-icon-symbol-web-element_1150-1791

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)という言葉ができる以前、インターネットはコンピュータ同士を接続するためのものでした。よって、従来は主にパソコンやサーバー等のIT関連機器が接続されていました。しかし、現在ではスマートフォンやタブレット端末も接続されています。テレビやデジタルカメラ、デジタルレコーダーや最近話題のスマートスピーカー等のデジタル情報家電をインターネットに接続する流れは増加しています。デジタル化された映像、音楽、音声、写真、文字情報や様々なデーターがインターネットを介して伝達されるシーンがますます増えて行くでしょう。

このように世界中に張り巡らされたインターネットはあらゆるモノがコミュニケーションをするための情報伝送路になりつつあります。

そして、今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐことをIoT:Internet of Things(モノのインターネット)と呼んでいます。

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)という手段で何を目的とするかの定義はなく、様々な応用が考えられます。

What Can Be Done
IOTにより現実出来ること

様々なモノ、機械、人間の行動や自然現象は膨大な情報を生成しています。これらの情報を収集して可視化することができれば様々な問題が解決できます。見ることや聞くこと触ることができる情報はもちろんですが、それらができない情報もセンサーにより数値化され収集可能になります。IoTのThings(モノ)はこれを意味します。

モノとは物理的に存在する物だけを指すのではなく、自然の現象や生物の行動等を含んでいます。

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)により、モノをインターネットにつなぐことにより以下を実現します。

What Can Be Done
IOTにより現実出来ること

様々なモノ、機械、人間の行動や自然現象は膨大な情報を生成しています。これらの情報を収集して可視化することができれば様々な問題が解決できます。見ることや聞くこと触ることができる情報はもちろんですが、それらができない情報もセンサーにより数値化され収集可能になります。IoTのThings(モノ)はこれを意味します。

モノとは物理的に存在する物だけを指すのではなく、自然の現象や生物の行動等を含んでいます。

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)により、モノをインターネットにつなぐことにより以下を実現します。

IOT1
IOT2-1
IOT9
IOTとは_14