ブログ地球に足跡を残せ!クエスタ大石の日々感じていること | 現場のもち子

営業を必要とするような商材は戦略にならない。

2017年11月09日

最近思うのだが、営業を必要とする商売はしないほうがいいと思う、ある程度のPRは必要だが、営業マンが毎回売り込みに行かなきゃならないような商材は今の時代に合わないと思う。

できれば商品が一人歩きしていく。そんな革新的な商品サービスがイノベーションを生む。

時の流れを読めるかだ。

昔アマゾンが本のネット子販売を始めた時に風吹けば桶屋が儲かるで、運送業者がいいと私の友人も運送業始めた

おかげで様々なベネフィットを得てたくさんの従業員を抱えるまでになっている。

しかし、またここで課題なのは労働者不足である。

そこで自動運転技術が次のターゲットになっているわけだがこれはまた先の話であろう。

そしてアマゾンが不在の宅配を効率的にするべくセキュリティー鍵の販売を始めた。

こうやって時代は進化しその進化する瞬間、瞬間にビジネスが生まれる。

当社もそういう境に生きているが、ポイントは流れを捕まえられるかだと思う。

最近感じていることだが・・・

2017年11月09日

最近、わたしが、思うのことは、たった1年での中国の激変ぶり。まだまだ、日本は様々な面で先進国家ではあるが、私の感覚では、EV自動車、自動運転にて、完全に抜かれ、日本のものづくりが終焉する。

中国では、文明人になりましょうとのCMがどんどん流れる。このCMより相当秩序やマナーを重んじる中国人が増えた。キャッシュレス社会、世界一の電脳街があり、iPhoneのみで40万人の雇用を抱えるの工場がある。パナが24万人だから比較にならない。

今迄、日本はアメリカの言うなり、ご機嫌取りでここまで成長してきた。
GHQによるワーギルトインフォメーションプログラムは、戦後70年の時を経て成功裏している。

戦後教育においては、教科書検閲による偏向教育がなされ、事実を教えず、チャレンジ精神を奪う教育がなされた。英語教育においても、最低限の英語しか理解できない教育プログラムがなされ、同様に実質的な植民値支配されたフィリピンと大きく差が開く、このことは2通りある、フィリピンは国民の識字率が低く、そのまま英語にもって行けた。

日本人に英語教育をすると自分たちの経済脅威になる。もしくは、日本の国民性、歴史を鑑み、最低限の英語教育を入れた。
様々な憶測が推察できるが、アメリカの都合の良いようにされたと考えるのが普通であろう。

いずれにしても、戦後占領下のプレスコードの踏襲、サムライ精神を醸成させない偏向教育、偏向報道、戦後70年経過して、サムライを醸成しない、チャレンジ精神を醸成しないことに成功した。しかし、今度は、その憲法、QHQのプログラムが、足かせになり、日本はアメリカの同盟国でも戦争に参加できない。そして、憲法改正を誘発するために、アメリカから様々な機密文書が公開され始めた。
私たちはまもなく事実を知ることになるだろう。

ぜひ、日本国民には、坂の上の雲を見てほしい。読んでほしい。

そして、なぜ、幕府が倒されたのか?その時にアジアはどうだったのか?

結局、明治維新より、猿真似西欧化し、なんの資源も産業もない貧しい国が、どうやってロシアに勝ったのか?講和を結び、最終的には、アメリカの仲裁で賠償金なしの和平になるが、バルチック艦隊を撃破した当時、日本以外のアジアは、欧米の植民地支配。白人至上主義。白人以外皆家畜。このような価値基準があった。
そこに、アジアの貧しい小国がロシアに戦勝したことが、その後の日本の価値を高めた。それは、未だに我々が誇るべきことだろう。

中国、韓国は、未だに日本の歴史問題をクローズアップし、戦後賠償を仕掛けてくる。
しかし、今の日本に対抗できるすべはない。

中国にこれだけ経済依存している現在、総理大臣は、靖国神社は行ってはいけない。日本中がパニックになる。そう感じる。

今、日本は国を挙げて、大規模な規制緩和、各省庁の外郭団体の統合、再編、コンプライアンスの緩和、外国人の不動産購入規制、大規模ベンチャー投資を誘発すべきだと思う。これに乗り遅れると本当に取り返しのつかないことになる。

負債1070兆円、世界一の借金大国、高齢者大国、変革できない国、どうする日本丸!

共産党大会でマッサージをするのにも身分証が必要だった。

2017年10月27日

先日、中国でマッサージ屋さんに行ったら身分証を求められた。課税逃れをする店を摘発するためか?
党大会のセキュリティーなのか?良く分からない。
飲酒運転は、牢獄行き、後ろのシートベルトも必須。しかし、バイクはいまだノーヘル。何人乗りでも取り締まられない。
歩道を走ってもお構いなし。このギャップ。これも電動バイクを売る政策だろうか。

Appleの工場(フォックスコン)の近くを通過した。なんと10万人の雇用があるそうだ。
最盛期で40万人の雇用があったとか??本当にiPhoneだけで40万ってなんという数字??

またまた、中国系の話だが・・・・・
宋 文洲さんの記事の引用。本当に真実を知っている人の発言だと思った。

中国共産党の党員は約9千万人います。偶然にもこれが日本の有権者数と
ほぼ同じです。彼らは全国に組織を持ち、選挙を通じて代表を選び、
5年に一度北京に集まり、党大会を開催するのです。一党独裁と言えば
その通りですが、こんな巨大且つ強力な組織はなかなか世界に存在しません。

ずっと一党独裁なので優秀な人材が集まります。そうすると「俺が、俺が」
という人間の本能が発揮され党内闘争が熾烈なものになります。(小泉さん
以前の自民党と似ていませんか?)国の方向から代表する地域の利益まで相違が
ぶつかり合いながら最終的に政策に収束していくのです。それがバランスと
妥協のプロセスであり、民主主義のプロセスでもあるのです。こんな巨大な
組織がよくも効率よくまとまるなと正直、信念や思想と関係なく思わざるを得ません。

おまけにずっと与党でいると逃げ場がありません。綺麗事を言っても結果が
出なければ信用を失うことになります。我々中国人は国のトップを選ぶ選挙が
ないからということで可哀そうだと思う日本人も多いでしょうが、豊かな生活と
比較的自由な生き方ができれば、誰が政権をやってもいいと思うのです。
逆にいくら選挙や民主主義と言っても生活が悪くなっていくと暴動や革命を
起こすのです。我々はもともと宗教やイデオロギーに執着がないのです。

中国共産党がそれをよく知る政党です。1949年に国民党政府を大陸から台湾に
追いやり、地主から土地を奪い貧しい農民たちに与えるような違法行為を
しました。しかし、9割の国民を喜ばせる違法行為なんかは違法では
なくなるのです。人民が暴動や内戦を通じても法律とそれを作った政府を
一緒に変えてしまうのです。米国も内戦を通じて今のような社会になったことを
忘れてはいけません。

共産党政権はそろそろ70年たちます。文化大革命や天安門事件などの
失敗と挫折があっても中国という巨大な史上最大の国家を100年の没落から
もう一度繁栄の軌道に乗せたのは事実です。

「本来を忘れず、外来を吸収し、未来に向かう」。9か国語で世界に公開された
共産党大会の報告書にある言葉です。人民のためという「本来」、
学ぶべき「外来」と向かうべき「未来」を大切にしてくれれば、
我々にわざわざ中国共産党を倒すメリットはありません。
政治には嘘が満ちていますが、結果には嘘がありません。

戦後教育と戦後体制に洗脳されてきた日本人にしてみれば、今日の文章にも
たくさん反論したいと分かっています。正直、私もこのような文章を
中国人向けに書きません。媚びを売るように見えるし、中国人の思考を
刺激することはできません。

日本人の皆さんは中国の体制について考える際、まず自分の歴史である
「本来」を忘れず、自分が受けた「外来」を考え、自分の「未来」に
目を向けるべきです。(他国ではなく)

敗戦後の日本は主権も存在せず、米国に今の政治システムを押し付けられました。
その代わりに日本は米国から無条件に技術、経済の支援を受け、
豊かな国になりました。プロセスはどうであろうとよかったと思います。

しかし、もし日本が米国のコピーではなく、自国民同士の激しい論争と対立
(場合によって内戦)を通じて独自なシステムを模索したならば、
今の日本はもっと不幸になったと思いますか?

YESと答えた人は日本と日本人の能力と可能性を否定しています。
NOと答えた人は私と同じ考えですが、「中国はそうしている」とお忘れなく。