ブログ地球に足跡を残せ!クエスタ大石の日々感じていること | 現場のもち子

IoT専用ホテルがオープンしている。

2017年05月14日

上野にIoT専用のホテルがオープンする。

このスマートフォン1つで全ての家電コントロールができるらしい。

http://markezine.jp/article/detail/26481

私たちのやりたいイノベーションは拡声放送の分野でこれを行う事である。

益々、未来が近くなる。

フィリピンの大学に留学している息子と妻の会話らしい。

2017年05月12日

てか、最近思う事をシェアしたいんだけど
父母の恩は山よりも高く海よりも深いって言葉を本で見つけて

それについて色々と考えてたんだけれど
自分も将来子の親になる身として、どういう女性と一緒になるのが良いのかなーと考えていたのだけれど

何事も自分中心に考えたら上手くいかないなと思った。
何故そう思ったかという話をすると長くなるからあれだけれど
おとーとおかあを自分の親として考えたらとても分かりやすくて

お母さんは本当になんと言うのかな、母親らしい母親というか、子の全てを飲み込んで受け入れてくれる、慈母みたいな感じだよね
逆におとーは子に対して直接的に何かしてるわけではないけど、子に対して背中で生き様を語ってるよね
夫婦関係だけみたら、おとーは自由奔放でどうしようもない旦那だけど

子の視点から親を見るのであれば

俺は多分おとーみたいな父親を見て育たなければ、海外に来て色んなチャレンジだってしなかったと思うし、よく周りの日本人からゆうきは典型的な日本人だよね、絵に描いたような侍みたいだよねと言われるんだけど、おとーを見て育たなければ、臆病で普通の男になってたと思う。 
前におとーの会社で昔働いてた人に会ったんだけど、その人とは仲良くしてて

その人が言うには

俺はおとーに似ているらしい

言う事も、考え方も

あなたの父親もいつも同じ事言ってるよ、と言われた。

びっくりした、その時初めて自分がおとーを無意識に意識して生きてたんだなと実感した。
とここまで読んで
なんか、涙が出て止まらない。続きはまた今度公開したい。

大きな企業の幹部はでかい。

2017年05月10日

本日ある上場企業の事業会社様に業務支援のお願いと出資のお願いに伺った。

役員様揃い踏みで私の話を聞いていただいた。

その中にはパラダイムシフトの話やスマートフォンが様々なものを飲み込んでいくと大変失礼な話を申し上げた。

しかし、私のような零細ベンチャー企業の話を真摯に耳を傾けてくださり大変大きくうなずいていただいたように思う。

器の大きさに感謝をしたい。

何かのお役にたちたいとの思いを刈られた。

今後どうなるかわからないが日本のものづくり復活の一助となりたいその思いは伝わったように感じた

とても充実感のある1日だった。