ブログ地球に足跡を残せ!クエスタ大石の日々感じていること

感情と現実の区別。

2015年03月21日

最近私は、サイヤ人になってきたような気がする。まだ、スーパーになりきれていないが・・・

なぜなら、これを理解し行動できているからだ。

【異質なものを明確に切り分けること】人は感情にとらわれで行動することがあり、心の中の出来事と現実との出来事を切り分けられてないことがある。

何かの目標に向かって活動行っている時、他人からの影響で感情や衝動に駆られると

目標の実現を妨げることになる。これがわかって実践できている。

心の中の出来事と現実との出来事を区別する。

事実と事実でないことを区別し認識する

私は、いままでこれができていなかった。すぐに感情によって行動を起こしてきた。これは自動的であり、自分の意思ではないことである。そのことを区別・識別できるようになった。

また、ここに書くことでさらに識別しようと思う。

メンタルに強いスポーツ選手や成功者はここが大きく違う。他人の言動に左右されない自分をもっている。
今日も学ぼう。

人生どう考えるか?

2015年03月20日

私は、かって鬼と呼ばれていた時代があった。とにかく、かって好き放題にやって部下には厳しい。そんな上司だったようにう思う。

前職、前々職と北海道企業としては破格の待遇をしてもらっていたと思う。
共に私はいい上司に恵まれた。

私の部下は悪い上司に当たってしまったように思う。

これほど好き放題に勝って放題にさせてもらって、いい待遇をした頂いて、何に不満があるの?と妻に言われた。
前々職を辞める時も前職を辞める時も 馬鹿にも程があると言われた。

一般的にはそうなんだろう。

しかし、本当に馬鹿だと思うことがある、サムライは死に場所を求める。何の為に生まれなんのために生きるのか?
その問いかけをいつもしている。

以前、この問いかけにこう答えた。死に場所を探すために生きる。

唯一動物の中で夢を持つことを許された人間。なんの為に生きる?

先日、役所の外郭団体に行った。彼らは予算を配分されそれを消化することに人生をかける。予算が適格に使われ効果を上げることに執念はない。予算の消化と5時に帰ることに集中する。
人間が腐ると思った。

失礼な言い方だが、自分の役割と使命感をもって仕事をしている人は役人の中には少ないように思う。
佐賀県の緊急搬送のシステムを普及させた円城寺さんのような方は非常に少ないし、やろうとする人間を組織がつぶす。

ICTで使命感のあるチームをたくさん作りたい。

シンプルが一番いい

2015年03月19日

数日前にこのホームページを開設したが、結構シンプルにしたので気に入っている。

前のウェブサイトはプロダクツも相当入れ込んだのでぐちゃぐちゃになってどうしたらいいかわからなくなっていた。
しかし、ホームページを作るのに4ケ月もかかった。

なんで??というくらい遅い。
私はとてもせっかち。起業してから3年ずいぶん気が長くなった。むしろ長くなりすぎ。

まあ、世の中のスピードに合わせるとこんな感じになるのか?
焦ると対立が起きる。

やはり優秀なスタッフが必要だと感じる。

さて、シンプルな話だがサイトもソフトウェアもなんでも入れ込みすぎると本当に使いずらくなる。
最低限の機能を簡単にということが非常に大切だと思う。

昨日、満州鉄道時代からの商社内田洋行様と口座を開設していただいた。ICT教育の人財派遣を行ってゆく。
クェスタが教育関連の事業をしたいと思い起業して、やっと関連の事業に巡り合えた。

私は大学に行けなかったので、教育に対する思い入れが強い。なにかの助けになりたいと思う。
これからもシンプルに行ってゆこう。