橋梁工事 海洋土木工事

港湾工事・橋梁工事で作業船の位置や運航情報を見える化する技術提案

更新日:

作業船の絵
港湾・橋梁工事でクレーン船などの作業船の運航管理を、従来では工事用船舶にAIS送受信機を装備し、現場事務所などの陸上地点で船舶の位置を把握していました。最近では、位置情報発信端末、AIS、船舶レーダーなどを利用し、工事用船舶や一般船舶の動静情報を監視するシステムが普及してきています。
この監視システムとデジタルサイネージを連携して、船舶の動静情報をデジタルサイネージに見える化すれば、現場事務所や朝礼会場で誰でもリアルタイムの情報を得ることが可能になります。見たいときにすぐに情報を確認できることで、自船他船の警戒区域侵入などもすぐに確認でき対策をとることが可能になります。デジタルサイネージを活用して、安全性の向上、効率的な運行管理に貢献します。

技術提案資料のダウンロードはこちらから!

必須法人名
必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須ご住所


-橋梁工事, 海洋土木工事

Copyright© クェスタ株式会社 , 2019 All Rights Reserved.