「この工事の大切さを理解してほしい」漫画で説明

多くの利用者様のための工事

以前、県道の橋架替え工事の現場様にて漫画の工事説明画像を作成しました。
その工事は、車通りの多い橋の架け替えでしたので、利用者様への配慮が骨の折れるものだったとか…。

というのも、この橋は80年もの間使用されていて、
「いつ壊れてもおかしくない」状態でした。

そんな橋を架け替え、安全に渡っていただきたい。
とても大切な工事なのです。

しかし、理由を知らない方は「なんだ、通行止めじゃないか!」「早く工事終われよ!」と冷ややかです。
上りは駅、下りは大型商業施設の道路ですから、多くの車が通りそして迂回していました。
私はその周辺でタクシーを使用した際に、通行止めを知らなかった運転手さんがうっかりこの県道に入ってしまい、
「あちゃー!」と声を上げていたことが強く記憶に残っています。
私も急いでおりましたため、「あちゃー!」と思いました。

この使い勝手の良い道が、通行止めしてしまうのは困る。
でも、ある日突然壊れてしまっても、もっと困る!

漫画をデジタルサイネージに表示!

いかに大切な工事なのか?の説明は多岐にわたり、立て看板や電光掲示板での案内はもちろんのこと、
デジタルサイネージ使用して工法の解説や、イラスト付きでより理解をいただく仕掛けを盛り込んでおりました。

「工事が半分終わったな。再開は2か月後。さて次はどんな工夫をしてみよう。」
「漫画で工事の説明してみたらどうだろう?デジタルサイネージに表示させてみよう!」
そう思い立ったそうで、一本の電話が。
「御社、漫画描ける人いなかったっけ?」

デジタルサイネージの画面サイズに合わせたイラストを、
1コマ1枚で4コマ漫画に見立てたスライドショーを作成したのです。
ちょっと笑える内容ですが、実際に起こったら怖いですよね…。
そして、この漫画を定期的に表示させました。
この漫画の効果もあってか、以前よりデジタルサイネージにタッチしている人が増えたとか。
「デジタルサイネージもいろんなもの掲載してみないとわかりませんね笑」とのこと。

 

いつのまにか、ちょっとした名物に

橋の利用者様への工事説明はもちろんのこと、デジタルサイネージにイラストや漫画を掲載したり、
クリスマスには橋にイルミネーションをほどこしたりと、とても賑やかなのでいつしか名物となっていたようです。

バスに乗って通りかかった際、窓の外を見た女子高生がイルミネーションを指さし「なにあれキレー」とはしゃいでおりました。
ある日には、帰宅時の小学生集団がデジタルサイネージのオマケ機能の占いで遊びまくってました。
説明をしようとすると、堅苦しくなりがちですが、
楽しませることで興味がわき、よく見てもらえる。
狙い通りになったとクェスタ一同大変勉強になりました。

The following two tabs change content below.

kaori.oka

美大卒業後にWEBディレクターに従事し、クェスタへ転職。 システムのサポートやホームページの更新など担当。 とにかくデカい犬が飼いたい。