ブログ地球に足跡を残せ!クエスタ大石の日々感じていること | 現場のもち子

三男坊が感じ取ったこと。

2017年02月15日

フィリピンの大学に留学している長男が中学2年の三男坊にどうしても感じて欲しい事があると、この冬休みフィリピンに連れて行った。
自分たちが当たり前だと思っていたことが当たり前じゃない現実。
鼻を突くようなゴミの山に住む人たち。様々な貴重な体験をしその帰路
帰りの空港でパニックが起きた。突発的な熱と腹痛で身動きが取れなくなったのだ。
空港の病院で薬を飲み仮眠をし飛行機に乗れるかどうかをさまよった。
そしてなんとか搭乗することになったらしい。

そして私は成田空港で彼の帰りを待った。ヘトヘトになっている彼を励まし
千歳空港に向けてゲートインさせた。そしてさらにその飛行機が3時間の遅延。
やっとの思いで自宅に着いた。そんな貴重な体験をした彼と先日ラインで話をした。
中2の息子が言った言葉。
お父さんやにいちゃんが伝えたい事はわかったよ。

俺も一皮むけたと思う。ありがとうございます。
との事。
きっと彼は自分の命の使い道の何かを感じ取った事だろう。
高校受験を前にこのような貴重な体験をさせてくれた兄貴に感謝をしたい。
ぜひお子様がいる家庭の方は早いうちに海外の体験をさせて欲しい。
間違いなくうちの息子たちは安定した仕事に勤めたいとは言わないと思う。

先日、老舗の会社に行った。

2017年02月14日

私たちが目指す会社の未来はスマートフォンで様々なiotデバイスのプラットホームにすることだ。
スマートフォンは毎日のように進化をし続け将来はどんなものに形を変えるのかさえ想像もできない。

私たちはそこに狙いを定め独自のスマートフォン開発に取り組んでいる。

一方大きな会社、老舗の会社はなかなかその変革ができない。

そんなことが立て続けに続いている。

私は自負していることがある。必ずそのような世の中になると思ったことがほぼ当たっているのだ。

ビジネスはそのタイミングと言うことになるのだと思う。

いきなりですがー。

2017年02月14日

やるぞ〜、

20 / 30« 先頭...10...1819202122...30...最後 »