営業を必要とするような商材は戦略にならない。

最近思うのだが、営業を必要とする商売はしないほうがいいと思う、ある程度のPRは必要だが、営業マンが毎回売り込みに行かなきゃならないような商材は今の時代に合わないと思う。

できれば商品が一人歩きしていく。そんな革新的な商品サービスがイノベーションを生む。

時の流れを読めるかだ。

昔アマゾンが本のネット子販売を始めた時に風吹けば桶屋が儲かるで、運送業者がいいと私の友人も運送業始めた

おかげで様々なベネフィットを得てたくさんの従業員を抱えるまでになっている。

しかし、またここで課題なのは労働者不足である。

そこで自動運転技術が次のターゲットになっているわけだがこれはまた先の話であろう。

そしてアマゾンが不在の宅配を効率的にするべくセキュリティー鍵の販売を始めた。

こうやって時代は進化しその進化する瞬間、瞬間にビジネスが生まれる。

当社もそういう境に生きているが、ポイントは流れを捕まえられるかだと思う。

The following two tabs change content below.

mamoru.oishi

『チャレンジ精神を失った日本を変えていきたい。』 トップセールスマンとして役員として30年間建設業界の企画や営業に従事。 ものづくり企業として、クエスタ株式会社を設立。 ハードウェア、ソフトウェア両面からの開発の知見を持つ。

最新記事 by mamoru.oishi (全て見る)